不動産管理

雨漏りしているベランダの修理費用相場と応急処置法

賃貸物件などでベランダがついている物件ではベランダの雨漏りというのもトラブルの一つとしてよくある話です。

 

どうしてもお部屋の外についている部分になりますので何かとトラブルが多い部分ではありますが

今回はこのベランダの雨漏りについて解説していきたいと思います。

 

雨漏りしているベランダの修理費用相場

 

雨漏りをしているベランダの修理費用相場ですが、どの規模で修繕をしていくかということによって修理費用が大幅に異なってきます。

 

部分的にコーキング剤などで修理をすることができるのであればだいたい3万円から10万円程度。

大々的に修繕が必要になってくる場合ですと、修理費用が数十万円から100万円ほどになってしまうこともあります。

 

ただ雨漏りのトラブルをそのまま放置しておくことによって劣化が著しく進んでしまう場合などもありますので

ベランダで雨漏りのトラブルに気づいた場合はなるべく早めに修繕をすることをお勧めします。

関連記事:水漏れがあった際、保険は使える?見舞金は出る?

 

ベランダの修理を先延ばしにすることで起こる二次被害

 

ベランダの雨漏りの修繕を先延ばしにすることで起こってくる二次被害にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

物件の劣化が早まる

 

まず家の建物の色々な所に雨漏りの水が入ってしまって、家が劣化してしまう原因となってしまいます。

 

特に木材は雨漏りに弱いので、木造建築の物件は急速に劣化が進んでしまうでしょう。

 

シロアリなどの害虫の発生

 

雨漏りによって腐ってしまった木材を餌とするシロアリが寄ってきてしまうこともあります。

 

シロアリ以外にも害虫がよってきてしまう可能性もありますし、駆除費用には100万円ほどかかるケースもありますので

やはり早急に雨漏りは修繕をしておく必要があるでしょう。

 

カビの発生

 

また雨漏りによって湿度が高まることでカビも発生しやすくなります。

人的被害を及ぼすだけではなく、壁紙や断熱材などを劣化させる恐れがあります。

 

漏電や火災

 

雨漏りによって雨水が侵入することで電気系統に水がかかってしまうと、漏電が起きてしまったり最悪火災が起きる原因ともなってしまいます。

 

人的被害が起きてしまうこともあるでしょうし、火災が起きれば建物そのものが消失してしまう可能性もあります。

 

このように二次被害が起こりやすいのが雨漏りですので、目先の修繕費用にとらわれすぎずに、

修繕しなくてはいけないトラブル箇所を見つけたら、なるべく早めに修繕をしていくようにしましょう。

関連記事:賃貸経営が難しいと言われる理由を知って、賢く経営していこう!

 

雨漏りの修理に火災保険は使える?

 

火災保険と言うと家事を思い浮かべる人が多いのですが、火災保険では自然現象で起きた損害に対する補償も行えることが多く

オプションの付帯内容によっては空き巣の補償までついていたりする保険なんですね。

 

雨漏りも例外ではなく、

  • 強風
  • 台風
  • 土砂災害

といった自然現象による雨漏りの場合は火災保険で補償が出る場合があります。

 

もちろん経年劣化による修繕の場合は、火災保険では補償できない場合がありますので

火災保険が使えるかどうか迷ったらまずは専門業者に調査を依頼して、雨漏りの状態を見てもらうと良いでしょう。

関連記事:火災保険の焼け太りって何?実際にあるの?

 

雨漏りの応急処置

 

今まさに雨漏りが発生してしまっているという状態の場合は、ベランダの雨漏りをしている箇所にバケツを設置しておきましょう。

 

それをするかしないかだけで大きく変わってくるもので、雨漏りの箇所をそのまま放置してしまうと、そこから物件の見えない部分に水が水が侵入してしまうんですね。

 

そうなることによって2次被害が発生することもありますので、とにかくまず雨漏りしている箇所にバケツを置くという処置だけでも入居者にしてもらうようにしてください。

 

またバケツの下にブルーシートを引くなどしておくとさらに効果が高まります。

関連記事:不動産オーナーのクレーム対処のポイント

 

業者の見分け方

 

雨漏りを修理する時にどのような業者に頼めばいいのか分からない人の方が多いと思いますが

まずはいろいろなことを請け負っている業者よりも雨漏りや水漏れなどの専門業者に依頼をするのが良いと思います。

 

というのもこういった物件に関する専門業者というのは、何かしらメインで強いジャンルを持っている業者が多く、

それ以外の分野に関しては提携している別の会社に仕事を回したりしてしまっていることが多いので、

余計な費用をかけないためにも専門業者お願いするのが良いという側面があります。

 

またほとんどの業者が見積もりは無料でやってくれると思いますので、その見積もりにも注目してみましょう。

 

ざっくりとした内容しか書いていないような見積もりを出してくるような業者は少し危険だと思います。

 

明細を細かく書いた見積書を提出してくれて、さらにその内容がどういうものなのかということまで丁寧に説明してくれる業者を選んだ方が良いでしょう。

 

明細があまり細かくない業者だと、なんとなくの料金で修理費用を支払わなくてはいけなくなってしまいます。

 

またざっくりとした見積もりから大幅な値引きをしてくるような業者にも注意が必要です。

関連記事:賃貸物件の水道から出るサビの対処、オーナーが知っておくべきこと

不動産管理に関するおすすめ記事