不動産投資の基礎知識

田舎で不動産投資をやる人へアドバイスしたいこと

主に東北・北海道エリアで戸建てやアパートなどを複数所有し、投資を行っています。

私自身は都内に住んでおり、投資歴は約15年。

所有している物件の近くに住んでいるわけではないので、多くの物件をその地域の管理会社さまにお願いして管理していただいています。

私と同じように、自分の住んでいる地域とは別の地域、特に地方都市で不動産投資をしたいと思っている方、あるいはし始めた方に、

私が経験したことを踏まえつつ、アドバイスしたいことをまとめてみたいと思います。

その地域のルールのようなものがある

田舎独特のもので、その地域のルールのようなものがどんな場所にも必ずあります。

例えば賃貸供給が多くなりすぎてしまっている札幌では広告料が家賃2ヶ月分〜3ヶ月分、というのが当たり前になっています。

【空室対策】賃貸の広告料を期間限定値上げ? 地方にあるアパートへの投資を行っているのですが、毎年2月3月はやはり繁忙期で、この時期にどれだけ空室を埋められるか、ということに力を注...

私も繁忙期に広告料を期間限定で値上げしたりすることがありますが、恒常的に2ヶ月〜3ヶ月というのはなかなか難しいですね。

あとは北海道・東北エリアだとどうしても考えなくてはいけないのが雪のことです。

雪が多く降る地域なら、設備としてママさんダンプを置くなどの対策ができます。

created by Rinker
グリーンパル
¥6,974 (2023/01/28 21:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

北海道では設備としてストーブを入れるのも当たり前。

北海道で不動産投資!どんな特徴がある? 北海道と言っても広いですし、たくさんの都市がありますが、 いくつかの都市で不動産投資を行なっています。 所有しているのは築...

そういったその地域ごとのルールのようなものがありますので、念入りな調査が必要になります。

と言っても、自分が住んだことがない地域だとそういうルールというのはわからないことが多いですから、

できるだけ管理会社の方とコミュニケーションをとって知っていくしかないですね。

関連記事:地方の不動産はどうして都心部よりも利回りが高くなるの?

閉鎖的な世界で競合がいなくなっていることがある

田舎だからこそだと思うのですが、

どこの管理会社さんに聞いてみても、戸建ての管理を受け入れてもらえない、ということがありました。

管理の方からすると確かに戸建てって割が悪いですもんね。

「このエリアでは戸建ての管理は受け入れるところが少なくなってます」と言われてびっくりしたことがあります。

あとはガス会社や修繕会社が一強になってしまっていて、競合がいないから値段がものすごく高い、みたいなこともありましたね…

これもすごく困りました。

地方で投資をするのに「オーナーとして競合が少ない」というのはメリットです。

ですが、オーナーが頼る不動産関連業者もまた少なく、値段が高騰している、ということもありますので、初めて投資する地域なのであれば、そういった部分のリサーチも必要になってくるかと思います。

関連記事:地方の戸建てに投資することから始めてみるってどう?

管理会社にお任せ、ではうまくいかない

不動産投資はよく「不労所得」という言われ方をしますが、決してそうではないと私は思っています。

良い物件を購入することができれば、あとは管理会社に任せれば入居付けもやってくれるし、不労所得なのでは?と思われるかもしれません。

しかし、物件を案内してくださるのも、入居のために頑張ってくださるのも、修繕の手配をしてくださるのも全部管理会社の方。人間です。

普段からコミュニケーションをしっかりとっている、頑張っている大家さんにはやっぱり何かしてあげたくなる、と実際に管理会社の方がおっしゃっていました。

人と人が一緒にお仕事をするというのは、元来そういうものだと思うんですよね。

色々なことがIT化している昨今ですが、

特に地方の不動産業界というのはそういう部分は遅れています。

いまだにFAXでのやり取り、という会社さんも多いです。

でも私はそれもまた良い側面だとも思っていて、人とコミュニケーションをとりながら、人間らしい働き方ができる仕事ではないかとも思うのです。

だから「管理会社に全部お任せ」ではうまくいきません。特に地方はその色が強いです。

関連記事:不動産投資は不労所得じゃない!オーナーのやらなくてはいけないこと

新しいことは反対されてもチャレンジしてみるべき

先程の話と少し被りますが、地方の不動産業界はどうしても新しいものが取り入れられにくい部分があります。

例えばアクセントクロス。

クロスの一面だけを色付きのアクセントカラーにする

これをやり始めた頃は結構反対されました笑

普通が一番、全部白い方がいい、と言われることが多かったのですが、若い入居者さんには喜んでいただけていて、入居は決まりやすくなっています。

収益物件に無電源ウォシュレットを設置してみました!先日都内のワンルームマンションを投資用物件として購入したのですが、そのマンションが3点ユニットバスでした。 ワンルームだと...

こちらの記事で紹介している無電源ウォシュレットも、お付き合いのある業者さんは最初はご存知ありませんでした。

最初は怪訝そうな感じではあったんですが笑

最近はこれも受け入れてもらえています。

自分が新しいものを探して、反対されてもチャレンジしてみる。

言いなりになりすぎない、ということも時には必要かなと思っています。

関連記事:空室対策でモデルルームを作ったら24戸中23戸埋まりました!

その土地を好きになることが大事

地方で投資をする上で一番大切なのは、その土地を好きになることだと思っています。

地元のみなさんのお話を聞いていると、その土地への愛情がひしひしと伝わってきます。

その土地で投資をするなら、その土地を好きになる。

好きなお店をたくさん作って、管理している物件を見に行くことが楽しくなる。

それが一番、地方で不動産投資を成功させる秘訣なのではないかと思いますね。

そういう気持ちはやはり、不動産業者の方と仲良くなるためにも必要なものだと思っています。

関連記事:地方での不動産投資で周辺環境の見極めのために見ている情報

基礎知識を学べるおすすめの記事
こんな記事も人気です