不動産管理

管理会社選びで失敗しないために見るべきポイント!

賃貸経営を始める場合、多く方が管理会社に管理を依頼する形になると思います。

自主管理という方法もありますが、自主管理の場合は物件の近くに自分が住まなくてはいけなくなることが多いので

どうしても複数物件を所有して投資する場合などは難しくなってきます。

 

しかし管理会社もたくさんあって、どの管理会社を選べばいいのかわからない、という方も多いでしょう。

 

今回は不動産管理会社の選び方について、

どのようなポイントを見て選べばいいのかを解説していきたいと思います。

 

仲介業者と管理会社の違い

 

まず理解しておきたいのが、仲介と管理は業務内容が大きく異なる、ということです。

 

管理の主な仕事は

  • 賃貸借管理業務(家賃の徴収や更新の管理)
  • 建物維持管理(清掃、設備点検)
  • 入居者からのクレーム対応

といったものになります。

 

仲介の仕事は不動産を仲介する単発の仕事になりますので、仲介の仕事と管理の仕事は全く別物なんですね。

 

ちなみに仲介業務は宅地建物取引業の免許を受けた業者しかできない業務ですが

管理業務はこの免許がなくてもできます。

 

管理会社に仲介機能があるかどうか、ということも管理会社を選ぶ時のポイントと言えるでしょう。

 

仲介することができる管理会社なら客付も自社で行うことができます。

しかし仲介業務が他の会社より優れているかどうか、というところまで見ておかないと

単に「仲介もできるから」というので管理会社を決めてしまうのは危険です。

 

いくつかの管理会社に客付をお願いしてみて、その中で一番客付ができた会社に管理もお願いする、というのも良いと思います。

その際に「成約が多かった会社に管理を今後お願いしようと思う」という旨を伝えておけば、客付も早くできるかと思います。

関連記事:賃貸経営の利益率ってどれくらい?どんなものに左右されるの?

 

担当者が合うかどうか

 

どんな仕事においてもそうですが、「関わる人が自分と合うかどうか」ということはとても大事なことでしょう。

 

管理会社に不動産管理を任せたら、あとは寝ているだけで収入が入ってくるのが不動産投資、というわけではありません。

管理会社と密にやりとりを行うことも大切です。

 

管理会社に出向いて担当者と定期的にコミュニケーションをとった方が良いですし

その関係が良好である方がストレスなく不動産投資を行うことができるでしょう。

 

担当者が変わってしまうこともよくある業界とは言えますが、

管理会社に出向いた時に会社の雰囲気が合うかどうか、ということも見ておくと良いですね。

 

その地域の特性を理解しているかどうか

 

管理会社がその地域の特性を理解しているかどうか、ということも見ておきたいポイントです。

 

立地条件から不動産選びをする時、その地域について深く学ぶ、ということが大切になってきます。

 

地域によってさまざまな特性がありますし、その地域特有のルールのようなものがある場合もあります。

 

そういった研究が好きな人ほど不動産投資にも向いていると言えるでしょう。

 

そしてその土地の特性を理解して、その土地の将来までも見越す力がないと先々で失敗してしまう可能性があります。

 

だからこそ、管理会社にもその地域の特性を理解しておいてもらう必要がありますし

むしろ管理会社から教えてもらうくらいであった方が良いのです。

 

担当者が地域の特性について詳しいかどうか、ということも管理会社選びで見ておくべきポイントです。

関連記事:不動産会社の繁忙期はいつ?力を入れるべき時期は?

 

レスポンスは速いか

 

管理会社には入居者のクレーム対応なども任せることになりますが

管理会社のレスポンスが遅いと、いくらオーナー側が迅速に対応しても

実際の入居者への対応が遅くなってしまうこともあります。

 

それによって空室率が上がる可能性もあるので、やはりレスポンスの速さは見ておくべきポイントだと言えるでしょう。

 

ネット集客できる会社か

 

管理会社がネット集客できる会社かどうか、ということは今の時代チェックしておくべきポイントです。

 

最近は入居者側も「どれだけ多くの物件をサイトに載せているか」というような基準で不動産を決める人も多くなってきています。

 

その不動産会社のホームページが今風のものになっているかどうか。

見やすいものになっているか。

 

そして何よりそのサイトに集客力があるかどうか、ということもできれば見ておきたいポイントですね。

 

今後さらにインターネットの領域が広がっていくことを考えれば

そういった最新の流行を取り入れているかどうか、ということも管理会社選びでチェックするべきポイントとなってくると思います。

 

入居審査の基準をチェック

 

入居審査の基準と具体的な審査方法もチェックしておきたいポイントです。

 

審査基準が甘い会社の場合、空室率は下がるものの、入居者トラブルが多発する可能性が高くなります。

 

せっかくの不動産投資ですから、なるべくトラブルは少なく抑えていきたいものですよね。

 

なので管理会社がどのような入居審査を行なっているのか、ということもチェックしておくと良いでしょう。

関連記事:不動産オーナーのクレーム対処のポイント

 

いくつかの項目を挙げましたが、オーナーによって大切にする部分は異なると思いますので

何を優先して決めるか、ということは自身で判断し、重きをおく基準を決めた方が良いと思います。

不動産管理に関するおすすめ記事