売買知識

不動産の名義変更費用はいくらくらい?どういう流れ?

不動産の

  • 売買…売却・購入
  • 相続…亡くなった方からの名義変更
  • 贈与…無償で不動産を譲り受ける際
  • 財産分与…離婚などに伴う清算

を行う時は、名義変更(登記申請)が必要になります。

今回はこの不動産の名義変更、つまり所有権移転登記の費用にいくらくらいかかるか、ということを解説していきたいと思います。

不動産の名義変更とは

不動産の名義変更とは、不動産の所有者が変わった時に登記簿の所有者名義を変更することを指し、正式には所有権移転登記と言います。

不動産を所有しても勝手に名義変更がされるわけではありません。

法務局に対して申請を行わないと、名義が変更されないんですね。

売買の場合は、きちんと名義を変更しておかないと、第三者に不動産の所有権を主張された時に、自分が所有している不動産であることを主張できなくなる、というケースがあります。

そのため、不動産を所有したら、迅速に名義変更をする必要があります。

不動産売買、贈与に関しては名義変更に期限はありませんが、

  • 相続の場合は不動産取得の事実を知ってから3年以内
  • 財産分与の場合は離婚後2年以内に財産分与

という期限がありますので、こちらは注意が必要です。

ちなみに名義変更を行わなかった場合は、10万円以下の過料を科される可能性もあります。

2021年の民法改正案により、2024年4月1日から相続に関わる不動産の名義変更が義務化となりました。

売買の際は間に管理会社が入ってくださって、必ず名義変更に関しても触れてくれるので、忘れてしまう、ということはないと思いますが、

相続の場合は注意が必要ですね。

関連記事:建物未登記の物件、購入する時のリスクは?

不動産名義変更は司法書士に依頼するのが一般的だが、自分でやる人も…

不動産の名義変更は司法書士さんに依頼するというのが一般的です。

ただ、最近は自分で登記をする、という方も少なからずいらっしゃるようです。

ちょうどこの前、地方で所有していた中古の戸建てを売却したのですが、

買主さんから「自分で登記をしたい」という申し出を管理会社伝いでうかがってびっくりしました。

ただ管理会社の方に聞いたところ、最近はそういう方が少しずつ増えていらっしゃるとのことでした。

この件に関しては別の記事でも詳しく書いておりますので、そちらもよろしければぜひ。

買主から「自分で登記する」と言われました…そのリスクは? 所有している築古物件を売却することが決まり、現在売買にあたっての重要事項説明などを確認している最中なのですが、 買主さん側から「...

思わず買主さんがご自分で登記をする、ということのリスクについて調べてしまいました。それをまとめた記事になります。

名義変更そのものにもお金がかかりますが、司法書士さんに依頼をすると司法書士さんへの報酬が別でかかりますので、

自分でやってしまえば司法書士さんへの報酬の部分は節約することができる、ということですね。

そこまで複雑な手続きではないようですが、自分でやるというのは少なからずリスクでもあるので、難しいところです。(私は自分でやったことはありません)

関連記事:物件購入時にチェックしていることをまとめてみた

不動産名義変更にかかる費用

不動産の名義変更にかかる費用は、

  • 登録免許税
  • 書類取得費用
  • 司法書士への報酬

が主なものになります。

登録免許税

不動産の名義変更をする時に必ずかかる費用で、

収入印紙を購入して申請書に貼付し、納めます。

金額は、

  • 相続の場合…不動産評価額の0.4%
  • 生前贈与・贈与離婚による財産分与、不動産売買の場合…不動産評価額の2%

となっています。

書類の取得費用

不動産名義変更時に必要な書類を取得するのにかかる費用です。

基本的には数百円単位のものが多いので、そこまで大きな費用はかかりません。

必要書類は場合によって異なりますが、以下が主に必要になってくる必要書類です。

  • 住民票…300円
  • 固定資産税評価証明書…300円
  • 登記簿謄本…600円
  • 印鑑証明書…300円
  • 登記原因証明情報…司法書士の作成の場合は10,000円

司法書士への報酬

先述したように、ご自分で登記をされる場合は必要のないものです。

司法書士に依頼する場合は、司法書士によって金額が変わりますが、約5万円〜7万円程度が報酬の相場です。

相続の場合は少し手間がかかるようで、約10万円前後が相場のようです。

関連記事:不動産購入時の価格交渉のコツ!なるべく安く買うために

今回は不動産の名義変更に着目してお話ししてみましたが、

不動産を取得する場合は不動産取得税など、各種税金がかかりますので、そちらもお忘れなく。

特に不動産取得税は忘れたころにやってくる、で有名な税金なので、注意が必要です。

関連記事:不動産取得税がこない?納付書は半年〜1年後に来ます!

売買知識を学べるおすすめ記事
こんな記事も人気です