不動産管理

インターフォンの取り付け費用は1.5万円くらい!空室対策に

不動産投資をしていて空室が出てくると、「何かしらやらなくては」という気持ちになるものですが、その中でも簡単にすぐやれることとしてインターフォンの取り付けがあります。

私も空室対策として何度かやったことがあるんですよね。

欲しい設備としていつも上位にいるインターフォン

全国賃貸住宅新聞 の、「この設備がなければ決まらない」 ランキング、2021年のものでは、

【単身者向け物件】

  1. 室内洗濯機置き場
  2. テレビモニター付きインターフォン
  3. インターネット無料
  4. 洗浄機能付き便座
  5. 独立洗面台

【ファミリー向け物件】

  1. テレビモニター付きインターフォン
  2. 室内洗濯機置き場
  3. 独立洗面台
  4. 追いだき機能
  5. 洗浄機能付き便座

という結果になっていました。

ファミリー層と単身層だと少し順位の入れ替わりはあるものの、必要なものはどちらも変わらない感じがあります。

コロナ禍に入って、モニター付きインターフォンはさらに重要なものになったのではないでしょうか。

私もよくインターネットで買い物をしますが、自宅に届くものは怪しいものでないか、怖い人が配達に来ていないか、ということはよくよく確認してしまいます。

単身者で、さらに女性の場合は、宅配にもかなり敏感になってしまう人が多いのではないかと思いますので、防犯面において、モニター付きインターフォンが必須、と思っている人も少なくないでしょう。

ちなみに「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」というランキングでは、

【単身者向け物件】

  1. インターネット無料
  2. 宅配ボックス
  3. エントランスのオートロック
  4. 高速インターネット
  5. 浴室換気乾燥機

【ファミリー向け物件】

  1. インターネット無料
  2. エントランスのオートロック
  3. 宅配ボックス
  4. システムキッチン
  5. 追いだき機能

となっていました。

関連記事:【地方不動産投資】灯油タンクの交換に2.5万円かかりました

インターフォンの取り付け費用:約1.5万円

実はモニター付きインターフォンというのはかなり少額で取り付けることができます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,680 (2022/11/30 07:02:38時点 Amazon調べ-詳細)

私の場合は、こういった商品をネットで購入して、直接管理会社の担当さまに送る形にし、

5000円程度で取り付けをお願いしています。

本体代含めてトータルで1.5万円ほど、という感じですね。

最近見ていて便利だなと思った商品は、こちら。

こちらは自分の持っているスマホにアプリをインストールしておけば、外出先でも訪問者と通話ができるようになる、という新しいインターフォンです。

ビデオプレビュー機能もあって、防犯にもなりますし、取り付けも簡単みたいなんですよね。

少し金額的には高くなってしまうものの、こういった新しい商品があることで高級感が出たり、入居者の満足度が上がったりすると思います。

特に仕事の都合でどうしても荷物の受け取りがいつもうまくいかない、という方は多いですから、こういった設備があると他の物件と差別化ができて良いでしょう。

商品を送って管理会社の方に取り付けてもらうのであれば、こちらの手間もあまりかかりませんし、

地方の管理会社の方は大体5000円程度で取り付けをやってくださるので、とてもありがたいです。

なかなか空室が埋まらない、という時にまず試してみていただきたい空室対策ですね。

関連記事:空室リスクの高い物件ってどんな物件?

配線があるかどうかは必ずチェック

インターフォンには有線のもの電池式の無線のものがあります。

すでにインターフォンがついている物件であれば、配線はされているかと思いますので、インターフォンを新しく取り替えるだけでつながります。

ですが、もともとインターフォンがついていない物件の場合は配線の工事が必要になります。

これは有資格者にしか工事できないものなので、自分で取り付けることはできません。

モニター付きのインターフォンに変えたい場合は、まずは管理会社の方に確認をして、簡単に取り付けができそうかどうか、ということを聞いておいた方がいいと思います。

もしくは電池式の無線のものを購入する方が間違いがなくて良いでしょう。

  • 初めての取り付けなのか
  • ドアチャイムからインターフォンに交換するのか
  • すでについているインターフォンから違うインターフォンへの交換なのか

といった条件で取り付けの内容が異なってくるので、あらかじめ確認はしっかりしておくのがおすすめです。

工事が必要なものに関しては3万円以上金額がかかることもあるようなので、予算を抑えたいという場合は電池式が良いですね。

少し割高になりますが、Panasonicのこちらは届いたらドアにかけるだけで簡単に設置ができる、というものです。

入居者プレゼントとして付けてみるのも良いかもしれないですね。

関連記事:【空室対策】賃貸の広告料を期間限定値上げ?

かなり手頃な値段でインターフォンは後付けすることが可能です。

その割に重視される設備ではあるので、空室対策としてはかなりコスパの良い対策なのではないでしょうか。

不動産管理に関するおすすめ記事
こんな記事も人気です