不動産管理

駐車場経営は儲かる?基礎知識とそのメリットを紹介

土地の活用方法には様々なものがありますが、

一つの活用方法として「駐車場経営」というものがあります。

 

今回はこの駐車場経営について、

基礎知識を紹介しつつ、どのような仕組みで儲かるのか、ということを解説していきたいと思います。

 

駐車場経営の種類

 

駐車場経営と一口に言っても、色々な形態があります。

それぞれどのような形態で、どのようなメリットデメリットがあるのか、紹介していこうと思います。

 

平面駐車場

 

平面駐車場は屋根がなく、平地に駐車場の枠のみを引いた簡単な駐車場のことを言います。

無人でも経営可能で、月極め駐車場として使う場合がほとんどでしょう。

 

ただ土地面積により駐車できる台数は限られてしまうので、どうしても立体駐車場などに比べると収容台数に限りがあり

効率は劣ってしまいます。

 

コスト的には一番低コストで始められる形態だと言えるでしょう。

 

月極め駐車場の場合は多くの場合が賃貸経営と同じく

不動産会社に手数料を払って、借り手の募集をしてもらったり、契約の仲介をしてもらったりします。

 

月極めだとどうしても月単位の契約になってしまいますので、借り手が見つからないと経営が難しくなるのがデメリットと言えるでしょう。

 

コインパーキング

 

平面駐車場に自動の車止めと無人精算機を設置するだけで経営を始めることができます。

 

平面駐車場に比べるとどうしても精算機や車止めを設置するコストがかかってきてしまいますが、

住宅として活用するには難しい狭い土地や歪な形をした土地も活用することができ

比較的コストもかからないのが魅力的です。

 

月極め駐車場の空いている枠だけをコインパーキングとして活用する例も増えてきています。

 

立体駐車場

 

立体駐車場の場合は

  • 建物の中を車で走って駐車する「自走式立体駐車場」
  • 昇降装置に車を乗せて駐車枠に移動させる「機械式立体駐車場」

この二つのタイプがあります。

 

高さを高くしていけばそれだけ駐車可能台数が増えるので土地活用効率がとても高い駐車場形態と言えるでしょう。

駐車需要の高い市街地などではこの形態で駐車場経営をするオーナーが多いです。

 

ただ、立体駐車場の場合は建築物扱いになるので建築基準法が適用されます。

土地によっては立体駐車場を作ることができない土地もあるので注意が必要です。

 

建物の建築費用がかかったり、有人の場合は人件費もかかります。

さらに機械式立体駐車場の場合はメンテナンスも頻繁に必要になってきますので、投資コストが平面駐車場に比べると大幅にかかってくるのがデメリットです。

 

駐車場経営の中でもかなりしっかり経営をしていく気概がないと、なかなか立体駐車場の経営は難しいと考えた方が良いでしょう。

関連記事:更地にかかってくる固定資産税を節税する方法

 

駐車場経営のメリット

 

では駐車場経営のメリットについて紹介していきたいと思います。

 

低予算で始められる

 

何と言っても低予算で土地の活用をすることができる、というのが駐車場経営の最大のメリットでしょう。

 

アパートやマンション経営に比べると、比較的低コストで投資を始めることができます。

 

リスクが低い

 

低コストで始めることができる分、リスクも低くなってきます。

 

賃貸経営の場合はローンを組んで何十年という単位で事業計画を立てなくてはいけないようなところがありますが

駐車場経営の場合は、そこまでシビアではありません。

 

また、失敗したとしても、平面駐車場であればすぐに別の土地として転用することが可能です。

 

すぐに始められる

 

賃貸経営に比べると駐車場経営はすぐに始められる方法だと言えるでしょう。

 

どうしてもまっさらな土地から賃貸経営を始める場合は、

建物を建てて、そこから募集を行って入居者審査を行い、仲介手続きを踏んで入居してもらってからやっと家賃収入が発生する、という流れになります。

 

最初の入居者が決まってから収入が発生するまでに時間がかかるものです。

 

それに比べると駐車場経営は比較的すぐに経営を始めることができます。

平面駐車場の場合は駐車枠を作るだけですからかなり早いですね。

 

狭い土地でも活用できる

 

乗用車一台を駐車するための必要面積は7坪ほどになります。

2〜3台しか車を駐車することができないような狭い土地でも、活用することができ、

そういったかなり少ない台数しか駐車できない駐車場でも需要の高い地域では成功しているケースがいくつもあります。

関連記事:アパート経営は大変?オーナーが苦労するポイントを紹介

 

駐車場経営は儲かる?

 

駐車場経営は儲かるのか?

一番気になるところだと思いますが、端的に言うと、低コスト低リスクな分、収益性もあまり高くない、というのが駐車場経営の実態です。

 

一番重要なのは「その土地に駐車需要があるかどうか」というところでしょう。

周辺地域について学び、車を使っている人が多い場所なのかどうか?

周辺にどれくらい駐車場があるのかどうか?ということもしっかり調べると良いと思います。

 

賃貸経営をしているオーナーで、所有している物件に駐車場がなく、近くにも駐車場がない、という場合に

近くの土地で駐車場経営を平行しておこない、入居者に駐車場を案内する、というやり方もあります。

 

賃貸経営でも同じことが言えますが、しっかりとその土地の需要を考えることが一番儲かるために大切なことでしょう。

関連記事:アパート経営を1棟4戸から始めるメリット

不動産管理に関するおすすめ記事