不動産管理

アパートの除雪作業は大家がやらなくてはいけないものなのか?

雪国はもちろんそれ以外の地域でも寒い時期には突然大雪が降ったりすることもあります。

そういった時に物件のことが心配になってしまうのがオーナーというものでしょう。

 

雪がある程度積もった場合、除雪作業は誰がやるべきなのでしょうか?

 

中には入居者の方から「大家に雪かきをして欲しい」というような連絡が管理会社の方に入ることもあると思います。

大家が除雪作業をするというのは義務なのでしょうか?

 

アパートの除雪作業は誰の義務?

 

基本的には除雪作業というのは入居者が行うものと考えてよいと思います。

というのもオーナーの義務というのは「入居者が生活をしていくのに対して設備を提供する」というものであり

 

例えば生活に支障をきたすような損壊が物件に見られる場合はオーナー側にそれを修繕する義務がありますが

雪が積もってしまったものを雪かきするというのはこれには含まれないものと考えられます。

 

入居者には「善良な管理者の注意(善管注意義務)」を持ってその物を保存する義務があるのです。

 

一般的な賃貸借契約書にもあるように、電球が切れたら電気を変えるだとか、部屋の掃除をするだとか、そういった生活の中で必要になってくる小規模修繕に関しては入居者の負担とするのが基本です。

 

除雪に関しても生活をしていくために起こりうる事態であり、入居者の善意と判断によって除雪作業がなされるべきだと考えられるでしょう。

 

こう考えると入居者から「大家に除雪作業をしてほしい」という依頼があったとしても、それに応える義務はないと言えます。

 

中には除雪作業を管理会社にお願いするオーナーもいますが、なかなか管理会社の方で除雪作業を請け負ってくれるというところはありません。

 

管理会社もたくさんの物件を抱えていますから、雪が降った時に全ての物件の除雪作業をするというのはできないのです。

 

もちろん除雪費用などを別途支払うことによって除雪対応してもらうということはできるでしょう。

しかし普段と同じ管理費の中で除雪作業も雪が降った際にはお願いするというのはなかなか出来ないと思います。

関連記事:賃貸経営が難しいと言われる理由を知って、賢く経営していこう!

 

除雪を放置してしまって起きた事故の例

 

しかし除雪を放置してしまったことによって起きてしまう事故というのもあります。

 

例えば屋根に雪が積もりすぎてしまって屋根が壊れてしまうだとか、積もった雪が落ちてしまって入居者の車を損壊させてしまう、というようなこともあるでしょう。

 

普段雪があまり降らない地域でこういったことが起きるのは稀ですが、逆に雪が降る地域の場合はこういったことも日常茶飯時とも言えるのではないでしょうか。

 

とはいえこういった事故を防ぐために、自分の持っている物件の除雪作業をすべてオーナー側でやっていくというのは難しいことです。

一棟だけではなく何棟もアパートを所有している場合は、とてもじゃないですが除雪対応なんてできないですよね。

 

だからこそこういった事態が起きることを想定して、しっかりと保険に入っておくということが大切だと思います。

 

例えば雪関係の事故であれば火災保険などでも対応できるものがあるかと思いますが、火災保険も入る保険によって対応できる範囲が違います

どこまでオプションを付けるのかということも考えなくてはいけません。

 

保険に関しては内容が少し煩雑なので、保険の対象となる範囲などを理解せずに保険を決めてしまうオーナーが多いのですが

どこまでの範囲を保険で補償することができるのかということは、こういったトラブルがあった際に迅速な対応するためにもしっかりと把握しておきたいところです。

関連記事:火災保険の焼け太りって何?実際にあるの?

 

大家側で除雪作業をやることのデメリット

 

所有しているアパートから自分の住んでいる場所が遠いと、なかなかオーナー側で除雪作業をするということはできないと思いますが

近くに住んでいるのであれば自分で除雪作業をやってしまうということもできますよね。

 

もちろん先ほど述べたように除雪費用を別途管理会社に支払って除雪作業お願いするということもできるでしょう。

しかしこれにはデメリットがあって、一度それをやってしまうとそれが当たり前になってしまって、雪が降ったら必ず除雪作業をしなくてはいけないようになってしまいます。

入居者もそれが当たり前になってしまうでしょう。

 

できれば入居者の方で協力して共用部分の除雪作業なども行ってもらえるようにしたいものです。

 

共用部分にスコップなどを用意しておいて、雪が降った時はこれを使ってくださいというような説明をする大家さんもいます。

関連記事:アパート経営で不動産屋に支払う手数料の考え方は?

 

除雪を入居者に任せるデメリット

 

除雪を入居者に任せるデメリットとして挙げられるのは、やはり入居者だけではなかなかコミュニケーションが取りづらいので

誰がやるという揉め事になってしまったり、誰もやらないという事態が起きてしまうことです。

 

こういったところは入居者の善意に任せなくてはいけないところなので、なかなか難しいですよね。

 

さらに物件に空室がある場合は、内見に来た人に除雪作業がされていない物件を見せてしまうと、印象が悪くなることもあるでしょう。

 

雪が降る事が稀な地域なのであれば良いかもしれませんが、雪の多い地域などはこういったところも配慮が必要なのかなとも思います。

臨機応変に対応していかなくてはいけない部分ですね。

関連記事:賃貸物件での水道トラブル、どこに連絡したらいい?誰が負担するの?

不動産管理に関するおすすめ記事