不動産投資の基礎知識

不動産投資が儲かる仕組み

不動産投資をこれから始めてみたい、という人は「でも不動産投資って本当に儲かるのか?」という不安もあると思います。

 

実際、今まで不動産投資をしたことがない人に話を聞いてみると

ほとんどの人が「投資は損しそうだから怖い」「不動産業界はなんだか怖い」というイメージを持っているんですね。

 

でも、不動産投資についてあまり知識がないからそんなイメージを持ち続けてしまうのではないかな、と思います。

 

不動産投資がどうして儲かるのか?

その仕組みについて書いていきたいと思います。

 

儲けても税金が低い

 

不動産投資が儲かる仕組みとして一番最初に挙げられるのは、不動産投資で儲けても税金が低い、ということだと思います。

 

例えば所得税だと累進課税制度がありますから、大幅に儲けてしまうと税率がとんでもなく上がってしまいますよね。

実際に黒字になっている金額の約半分を税金として払っている人もいるわけです。

 

しかし不動産であれば、「減価償却」をすることができます。

不動産のような大きな買い物をした時に、その資産を購入する際にかかった購入費用を長期に渡って分けて償却していくことができるんですね。

 

収入が多い人は特に、この減価償却によって収入から必要経費を差し引くことができるので

大幅な節税効果が出てくるのです。

 

収入がそれなりにある人がみんな不動産投資を始める理由はここにあります。

 

また、不動産投資で赤字が出た場合でも、それを他の所得等と損益通算することが可能です。

 

そういった意味でも所得税や住民税などの節税になりますので、「税金」という面で見た時に

何か儲ける手段として不動産投資はとても良い選択だと思います。

関連記事:家賃収入がある人がやっている税金対策とは?

 

不動産は資産

 

不動産というものは資産です。

 

例えば一般的に物を購入する時は購入してしまえばそこで終わりになってしまいますよね。

素敵な洋服を買って、あまり着なくなったからといって買取してもらってもタダ同然のような値段になってしまうことはよくあることです。

 

しかし不動産というのは資産価値のあるものですので、購入したあとも、その価値がずっと保たれるものになります。

 

もちろん景気だとかその土地の賃貸需要によって価値は変動するものではありますが

購入してしまったらそこで終わり、というのではなく、お金を払って不動産を手に入れれば、それはお金が姿を変えただけで価値がなくなってしまった、ということにはなりません。

 

投資用だと思って賃貸住宅にするために物件を購入したり土地を購入したりしても

それを将来的に自分のために使うこともできます。

 

最終的には自分が住むための物件にしてしまってもいいわけですし、

そう考えると単純に家を購入してマイホームとして住むより、自分が住むまでの間運用した方が絶対的にプラスになりますよね。

 

もちろんある程度運用した不動産を売却する、ということもできます。

不動産によっては購入した時よりも需要が高まり、購入額よりも売却額の方が高くなってキャピタルゲインを得られることもあるでしょう。

 

このように、「買ったらそこで終わりではない」というのが不動産が儲かる仕組みでもあります。

関連記事:築古アパートの6つの出口戦略

 

投資金額は多くなくてもいい

 

不動産投資はお金持ちしかできないもの、と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

確かに上記でお話したように節税対策で不動産投資をしている人も多いですから

年収がある程度高い人がやるもの、というイメージがあるのは仕方がないことだと思います。

 

しかし選ぶ物件によってはかなり安くから不動産投資をすることもできます。

例えば地方の中古物件であれば、数十万円くらいから一戸建てを購入することもできるんですね。

 

もちろん中古物件にはリスクもありますし、どれくらい修繕にお金をかけなくてはいけないのかなど、綿密に計画を練って考えていかなくてはいけないところはあります。

 

しかしそこで数年運用してみて、中古物件を売却し、得た収益でさらにスケールの大きい物件を買う、というようなやり方で

どんどん不動産投資を大きい金額で回していくことも可能です。

 

そうしてスケールが大きくなってくれば、同じ利回り5%の物件でも収益性は大きく変わってきますよね。

 

不動産投資は物件のスケールが大きくなればなるほど、収益性が高くなっていきます。

 

そうして少しずつ不動産投資を大きな運用に変えていく、ということも可能なのです。

 

最初からまとまったお金が大きく必要、ということでもありません。

関連記事:不動産投資の利回りの最低ラインはどうやって判断する?

 

儲からない人の特徴

 

不動産投資が儲かる仕組みについて書いてきましたが、

不動産投資はあくまで投資なので必ず儲かる、というわけではありません。

 

儲かる人もいれば儲からない人もいます。

 

儲からない人の特徴として一番に挙げられるのは「不動産投資を楽な投資方法だと思っている人」です。

 

不動産投資でしっかり儲けを出すことができている人は、購入物件がある地域のことをしっかり学んでいますし、

購入する時だけでなく、常に「今はどういう流れなのか」という勉強を欠かしません。

 

さらに不動産業者と連絡も密だったり、不動産業界全体での新しいニュースにも敏感です。

 

常にアンテナを張って、勉強をしていこうという気概がないと

不動産投資できちんと儲けを出し続ける、というのは難しいと思った方が良いでしょう。

関連記事:不動産投資による平均年収はどれくらい?収支の構造は?

基礎知識を学べるおすすめの記事