不動産管理

空室クリーニングの料金相場ってどれくらい?

空室のクリーニングはオーナーなら必ずしなくてはいけないことですが

その相場を知っておくことは大事なことです。

 

クリーニングにも色々な業者があり、安いところに頼めばいい、というわけでもありません。

安くてもきちんとクリーニングを行ってくる良質な業者もありますが、

内容が明確ではなく、クリーニングしたのに蓋を開けてみたらあまりお部屋が綺麗になっていなかった、なんてこともあります。

 

お部屋が空室になった時に、きちんと空室のクリーニングをしておくことは

次の入居者が早く決まるために大切なことですので、

空室のクリーニングについてもオーナーは知識をつけておいた方が良いでしょう。

 

空室クリーニングの内容

 

まず空室のクリーニングでどのようなことをしてくれるのか、ということをあらかじめて知っておいた方が良いと思います。

 

空室クリーニングでは、居室だけでなく

  • キッチン
  • 換気扇
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面所
  • サッシ
  • ベランダ
  • 玄関
  • 廊下
  • 階段
  • エアコンのフィルター清掃

などのクリーニングも行ってくれます。

 

なかなか素人が掃除をしても綺麗にはできないところを専門の機械などを使用してクリーニングしてくれるので

空室をきちんとクリーニングしておけば、内見にきた入居希望者に良い印象を与えることができるでしょう。

関連記事:賃貸物件がずっと空室…オーナーができる対処法とは?

 

空室クリーニングの相場

 

では本題の空室クリーニングの相場ですが、

大体18000円〜60000円ほどが相場となっています。

 

かなり値段に開きがあるように感じると思いますが、これは

  • お部屋の広さ
  • どの部分をクリーニングするか、内容

この2点において幅が出てくると認識しておくと良いと思います。

 

お部屋の広さだけで言えば、

  • 1R、1K…18000円〜22000円
  • 1DK〜DK…22,000~33,000円
  • 2LDK~4LDK…35,000~60,000円

これくらいの相場だと考えておくと良いと思います。

 

戸建の場合は、階数があったり、廊下が長い、などの条件で値段が変わってくることがあるので事前に確認が必要です。

関連記事:不動産投資が儲かる仕組み

 

クリーニング業者の選び方

 

安ければ良いわけでも、高ければ良いわけでもない

 

クリーニング業者を選ぶに当たって難しいのが、安ければ良いというわけでも高ければ良いというわけでもない、というところなんですよね。

 

クリーニング業者を選ぶ時は、なるべくサイトなどに

「どこのクリーニングをしたらいくら」というような明確な料金表が掲載されいているところにした方が良いと思います。

 

基本料金とオプション料金の違いも明確なクリーニング業者が良いでしょう。

どこまでが基本料金に含まれるのかもわかるような書き方をしているところが良いです。

 

ふわっとした料金設定のものだと、あとからトラブルになりかねません。

 

さらに、ネット上の口コミなども参考にすると良いでしょう。

口コミを参考にすれば「せっかくお金をかけてクリーニングをお願いしたのに、全く意味がなかった」なんていうことは少なくとも避けられると思います。

 

複数のクリーニング業者に見積もりをお願いして、比較検討してみると良いと思います。

関連記事:アパートの害虫駆除、オーナー・管理会社はどう対応する?

 

クリーニング業者の繁忙期

 

ちなみに

  • 引越し時期
  • 年末前の大掃除の時期

はクリーニング業者が繁忙期となります。

 

この時期にかぶるようなら少し早めに予約をしておいた方が良いです。

それか少し時期をずらした方が、クリーニング業者の対応も良いかもしれませんね。

関連記事:不動産会社の繁忙期はいつ?力を入れるべき時期は?

 

いくつかのクリーニング業者を試してみる

 

結局のところ、クリーニングをやってみてもらわないとそのクリーニング業者に満足できるかどうか、というのはわからないものです。

 

いくつかお部屋を持っているのであれば、

最初はクリーニング業者を色々試してみるのもいいかもしれませんね。

 

口コミなどを調べて、ピックアップした2〜3の業者で比較してみるのも良いでしょう。

その中で良いクリーニング業者に出会うことができれば、ずっと継続してそこにお願いすれば良いと思います。

 

クリーニングをする前にお部屋の写真を細かく写真などで撮っておいて、

クリーニングが終わったあとと比較してみると、そのクリーニング業者がどこまできちんとクリーニングをしてくれるのか、ということもわかるでしょう。

 

入居者のほとんどが、「損したくない」と思っているもので、

クリーニングが済む前のお部屋を見て「これからクリーニングします」と言っても「クリーニング後にもう一度見たい」という方もいます。

 

正直業者によってはクリーニングが雑なこともありますし、

それによって入居者とトラブルになることもあるので、知識を持った上で、きちんとしたクリーニング業者を選びたいところですよね。

 

今回ご紹介した相場を参考にしつつ、複数のクリーニング業者を比較してみてください。

関連記事:賃貸住宅でエアコンが故障した場合、費用負担は誰がする?

不動産管理に関するおすすめ記事