不動産管理

アパートに防犯カメラを大家がつける時の注意点とメリット

物件の設備としてアパートに防犯カメラを設置する物件が増えています。

 

しかし防犯カメラというのは24時間映像を録画することができてしまうものであり、これを大家の判断で設置することが逆にトラブルになってしまうこともあります。

 

アパートに防犯カメラを設置したいと思った時にどういう事に気を付けて設置をすれば良いのでしょうか?

 

気をつけたい「個人情報保護法」

 

防犯カメラを設置することが個人情報保護法に抵触してしまう可能性があります。

 

というのも防犯のために設置した防犯カメラでも、入居者の出入りなどが逐一分かってしまうような防犯カメラの設置の仕方だと

入居者の個人情報を大家が簡単に取ることができてしまうということになるのです。

 

これはプライバシーの侵害になってしまいます。

 

もちろん防犯カメラを防犯の目的で着けるというのは悪いことではありません。

 

しかし善意でつけたものでも、このご時世ですから入居者に誤解を与えてしまうこともある、ということを把握しておいた方が良いです。

 

大家が個人情報保護法を遵守するべき「個人情報取扱業者」に該当するわけではありませんが、

個人情報保護法に定められている内容について把握した上で防犯カメラを設置するほうがトラブルは避けられると言えるでしょう。

 

防犯が目的で設置している防犯カメラにやむを得ず入居者が映り込んでしまう、程度のものであればプライバシーの侵害にはあたりません。

関連記事:消防設備点検はアパートなら必須!どういうものなの?

 

管理のための設置だと住人に開示すること

 

プライバシーの侵害に当たらないように防犯カメラを設置するためには、

防犯のために設置しているカメラなのであるということをしっかりと認識してもらうことが大切です。

 

そのためには防犯カメラを設置する前に防犯カメラを設置するというお知らせを入居者全員に行い、それに同意をしてもらうのが一番良いでしょう。

 

入居者に知らせずに防犯カメラを設置してしまうと、入居者から不審がられてしまうこともあります。

 

防犯カメラを設置するにあたって不安な声や疑問の声が寄せられた場合は、それにもしっかりと対応して、入居者全員に納得してもらう形で設置を行いましょう。

 

また防犯カメラを設置しているという旨をステッカーなどを使って告知することが大切です。

あくまで防犯のためにカメラを設置し、録画行っていますということを告知することによって

物件を訪れた人にも不審がられることはなくなるでしょう。

関連記事:アパートの空室が埋まらない理由として考えられるもの

 

データの流出に注意

 

防犯カメラを設置する場合はプライバシーを保護するためにもデータの流出に注意しましょう。

 

防犯カメラの録画装置には必ずパスワードをかけるようにし、またその周辺機器をいじることができる権限も制限をしておくことが大切です。

 

法令に基づく場合や犯罪捜査への協力として防犯カメラのデータを提出することはあるかもしれませんが

それ以外でデータの提出をする必要性はありませんので、データが外に流出しないように十分に気をつけるようにしてください。

 

防犯カメラを設置するメリット

 

では防犯カメラを設置することによって得られるメリットについて説明していきたいと思います。

 

個人情報保護法の内容に留意して防犯カメラを設置するのであれば、防犯カメラはオーナーにも大きなメリットをを鳴らしてくれるものとなるでしょう。

 

犯罪防止

 

防犯カメラを設置することによって犯罪防止になるというのはやはり一番のメリットと言えるでしょう。

 

防犯カメラが設置してあるということが分かるだけでも、強盗や空き巣というような犯罪を抑止することができるでしょうし

万が一そういった犯罪が起きてしまった場合でも、証拠として映像を提出することができますので犯人を特定しやすくなると思います。

 

物件の資産価値の向上

 

防犯カメラが設備としてあることによってアパートの資産価値も向上します。

設備が多ければ多いほどその物件は魅力的に映るでしょう。

 

入居率の向上

 

最近では女性の単身者などでは特に防犯上の設備がどれほど整っているのかということが物件の人気につながっている場合が多いです。

 

防犯カメラを設置することによって入居率を向上させることができるでしょう。

また、入居期間も長くなると思います。

 

ルール違反の証拠確保

 

防犯カメラを設置することによって不法投棄を抑止することができたり

入居者の中でルールを違反している人を特定しやすくなるでしょう。

 

どうしても集合住宅の場合はゴミの分別ができていなかったり、定められた曜日ではない曜日にゴミを投棄してしまったりというような入居者が出てくる場合もあります。

 

そういった場合に注意を促すにも防犯カメラ役立ちます。

 

物件に常にオーナーが常駐しなくても、こういったことが分かるという面で、管理効率の向上もメリットとなると言えるでしょう。

 

入居者に安心感を与えるための防犯カメラの設置ですから入居者への配慮を忘れずに設置をしていきたいものですね。

関連記事:不動産オーナーのクレーム対処のポイント

不動産管理に関するおすすめ記事